php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

PHP&MySQL
PHPと同時によく使われるMySQLの使い方についての説明です。
主にUNIXでのコマンドライン操作について解説します。
MySQL4.1での文字化け対策についても。

このページの記事はMySQL4.1をベースとして記述されています。
最新版は5.5系になりますのでご注意(2010/12)



SQLが良く分からない方はこちら

PHP+MySQLデータベース操作
1. SQL実行
2. データを検索
3. 検索したデータの件数を得る
4. prepareとexecuteでDB操作

MySQL基本(UNIX上コマンドラインでの操作)
1. MySQLサーバを起動する
2. MySQLサーバを停止する
3. サーバの起動を確認する

4. クライアントで操作
  1. MySQLの状態を表示
  2. 使うデータベース切替
  3. SQLの実行をキャンセル
  4. データベース一覧表示
  5. テーブル一覧表示
  6. テーブル情報表示

5. ファイル内のSQLを実行
6. コマンドラインでSQL実行

7. MySQLユーザの追加
8. MySQLユーザ権限削除
9. MySQLユーザ権限確認
9.1 MySQLのrootのパスをリセットする

10.データベース作成&削除
11.テーブル作成&削除
12.テーブルの変更 (カラムの追加/削除)
  - テーブル名の変更
  - 主キー、インデックス設定 (インデックス作成/削除)

データのインポート
1. mysqlimport

バックアップ
1. mysqldumpでバックアップ&復元
2. mysqlhotcopyでバックアップ&復元

MySQL4.1の文字化け関連
1. MySQL4.1系UTF-8の場合
2. MySQL4.1系EUC-JPの場合

文字化け対策: MySQLの4.1.15以降、5.0.13以降
skip-character-set-client-handshake - クライアントとサーバの文字コードを統一

phpMyAdmin
1. phpmyadminでユーザの追加

レプリケーション
1. レプリケーション設定

その他トラブル対策
1. Got error 127というエラーへの対処
2. Character set 〜 is not a compiled character というエラーへの対処

スポンサードリンク



管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.