php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

SQL入門
データベースソフトを扱うのに、SQLという命令文を使います。一度は聞いた事があると思います。

いろんなプログラミング言語と連携して使うことがあるので、覚えておいて損はない技術です。

では進めていきましょう。

例えば、以下のようにデータがはいったテーブルがあったとします。テーブルの名前は友達リストとでもしておきましょう。

ID名前特徴
01ひろしおもしろい
02あきらかっこいい
03ともこおしゃれ
04のりこ美人

さて、このテーブルから、IDが03の人物を検索してみます。
上記例は4件しかないのですぐ発見できますが、数万件ともなると検索が大変になってきます。

そこで、SQLを使えばすばやく検索できます。

データの検索

select 名前,特徴 from 友達リスト where ID = '03';

こういう命令を使って検索します。

データベースにこの命令を入力すると

ともこおしゃれ

というデータが返ってきます。

select 名前,特徴
としている部分で、名前と特徴を取り出してください、と指定しています。

from 友達リスト
で友達リストテーブルから検索してくださいよ、ということを指定しています。通常データベースではテーブルが沢山あることがあるので、このように指定してやります。

where ID = '03'
で ID が 03 のもののみを検索してくださいね。という指定をしています。
例えばここを、名前 = 'ひろし' とやると

ひろしおもしろい

がかえってくることになります。

データの挿入

友達が増えました。
ゆうきというやつで頼りになるです。
でもリストに一応追加しておいてやろう、ということで

insert into 友達リスト values ('05','ゆうき','頼りになる');

を実行すると、

ID名前特徴
01ひろしおもしろい
02あきらかっこいい
03ともこおしゃれ
04のりこ美人
05ゆうき頼りになる

のようにテーブルが更新されます。
最後にゆうきが追加されましたね。追加の場合はinsert文を使います。

values でテーブルの値をそれぞれいれてやります。

データの更新

さて、最近、ひろし、が物すごく面白くなりました。
特徴が「おもしろい」のままです。このままではいけません。

データを更新します。

update 友達リスト set 特徴 = '物すごく面白い' where 名前 = 'ひろし';

を実行します。
すると

ID名前特徴
01ひろし物すごく面白い

になります。

データの削除

どうもゆうきが最近連絡をくれなくて、やっぱり友達リストから削除しよう、というので友達リストから1件削除する方法です。

delete from 友達リスト where ID = '05' and 名前='ゆうき';

これでゆうきが友達リストから削除されます。

ID名前特徴
01ひろし最近イマイチ
02あきらかっこいい
03ともこおしゃれ
04のりこ美人

ということで最終的にテーブルはこんな感じになりました。
業務上もこういうデータベースの使い方をします。

スポンサードリンク



もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2018 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.