PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

実行時設定 | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

zlib 拡張モジュールは、 ブラウザがサポートする場合にページを透過的に圧縮するオプションを提供します。 ここで、 設定ファイル php.ini のオプションには、以下の 3 種類があります。
Zlib設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
zlib.output_compression "0" PHP_INI_ALL PHP 4.0.5 から利用可能
zlib.output_compression_level "-1" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 から利用可能
zlib.output_handler "" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 から利用可能
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

zlib.output_compression boolean/integer

透過的なページ圧縮を行うかどうか。php.ini または Apache の設定でこのオプションが、"On" に設定された場合、 ブラウザが "Accept-Encoding: gzip" または "deflate" ヘッダを送信する場合に、ページは圧縮されます。 "Content-Encoding: gzip" (および "deflate") と "Vary: Accept-Encoding" ヘッダが出力に追加されます。 実行時、何らかのデータを送出する前にのみ設定することが可能です。

このオプションも論理値 "On"/"Off" のかわりに整数値をとることができ、 これを用いて出力のバッファサイズ (デフォルトは 4KB) を設定することができます。

注意:

このオプションに 'On' を設定した場合、 output_handler を空にする必要があります! かわりに zlib.output_handler を使用する必要があります。

zlib.output_compression_level integer

透過的出力圧縮で使用される圧縮レベル。0 (圧縮しない) から 9 (最高レベルの圧縮をする) までの値を指定します。デフォルト値の -1 は、どのレベルを使用するかをサーバーで決定させます。

zlib.output_handler string

zlib.output_compression が有効な場合、 他の出力ハンドラを指定することはできません。 この設定は、output_handler と同じですが、順番が異なります。


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「実行時設定」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | 実行時設定」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: