php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

ページに書くネタの考案と更新
さあ、CMSを導入したはいいものの、書くことがないという方も多いのではないでしょうか?

サイトネタの考案のコツは、

・自分の好きなことを考える
・人の役に立つことを考える

です。

当然ですが、自分の好きなことを書いた方が更新は続くと思いますし、好きなことなので自分では当たり前のことだと思っていても他の人より詳しいことがあります。

次に人の役に立つこと。
人の役に立つことで自分のやる気に繋がったり、結果的に仕事に結びついたりすることがあります。
役に立たないことばかり書いて何のフィードバックもない状態では更新は恐らく続きません。

何も学術的な内容ばかりが重要ではなく、趣味のことで「へぇ〜」なネタを書いたりすることでも人を楽しませることが出来、役立っているということになるでしょう。

そしてネタが決まってその更新をするコツは、

・1日に出来る量を出来るだけ

です。

最初の頃はやる気もあり、多くコンテンツを作ったとします。しかし、アクセスが少ない場合、やる気はなくなってしまうでしょう。
そのままではやる気はなくなり更新はなくなってしまうことでしょう。

しかし、ここは戦略です。1日に自分にとって出来る量とは?と考えてみることです。
いかにモチベーションを継続させつつ、苦痛にならずサイトを更新する方法を自分なりに考えてみることです。こればかりは個人差などあるため自分で考えないとどうにもなりません。

私の場合は、1日に1コンテンツ適当に書いて勉強しようという感じで続けていました。
なのでアクセスはさほど気になりませんでした。
適当に書いた文章もあとで多少の手直しをすれば人の役に立つようなものになります。

まずはサイトに載せようと考えずに適当に書いて後で多少の手直しをしてアップしました。
更新もCMSベースなので掲示板に書く感じでページが出来上がってきました。
ここで更新のしやすさが続けられるポイントだったと思います。

こういう感じで継続させてサイトのコンテンツを充実させてきました。

私のやり方とは合わない場合も多いと思いますが、自分なりに上記のポイントを踏まえて考えてみることが必要です。一時のやる気は長続きするものではないことが多いです。
いかに苦痛に感じずに自分を動かすかを知ることが必要ですね。

スポンサード リンク



PHP用レンタルサーバー特集にもどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.