PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mysqli::$error - 直近のエラーの内容を文字列で返す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mysqli::$error

mysqli_error

(PHP 5, PHP 7)

mysqli::$error -- mysqli_error直近のエラーの内容を文字列で返す

説明

オブジェクト指向型

手続き型

string mysqli_error ( mysqli $link )

直近の MySQLi 関数のコールが成功あるいは失敗した際のエラーメッセージを返します。

パラメータ

link

手続き型のみ: mysqli_connect() あるいは mysqli_init() が返すリンク ID。

返り値

エラーの内容を表す文字列を返します。エラーが発生しなかった場合は空文字列を返します。

例1 $mysqli->error の例

オブジェクト指向型

<?php
$mysqli 
= new mysqli("localhost""my_user""my_password""world");

/* 接続状況をチェックします */
if ($mysqli->connect_errno) {
    
printf("Connect failed: %s\n"$mysqli->connect_error);
    exit();
}

if (!
$mysqli->query("SET a=1")) {
    
printf("Errormessage: %s\n"$mysqli->error);
}

/* 接続を閉じます */
$mysqli->close();
?>

手続き型

<?php
$link 
mysqli_connect("localhost""my_user""my_password""world");

/* 接続状況をチェックします */
if (mysqli_connect_errno()) {
    
printf("Connect failed: %s\n"mysqli_connect_error());
    exit();
}

if (!
mysqli_query($link"SET a=1")) {
    
printf("Errormessage: %s\n"mysqli_error($link));
}

/* 接続を閉じます */
mysqli_close($link);
?>

上の例の出力は以下となります。

Errormessage: Unknown system variable 'a'

参考


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「mysqli::$error - 直近のエラーの内容を文字列で返す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mysqli::$error - 直近のエラーの内容を文字列で返す」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: