PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

SessionHandlerInterface::write - セッションのデータを書き込む | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

SessionHandlerInterface::write

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7)

SessionHandlerInterface::writeセッションのデータを書き込む

説明

abstract public bool SessionHandlerInterface::write ( string $session_id , string $session_data )

セッションのデータをセッションストレージに書き込みます。 session_write_close() からコールされ、 session_register_shutdown() が失敗したときや通常のシャットダウン時にもコールされます。 SessionHandlerInterface::close() がこの関数の直後にコールされることに注意しましょう。

PHP は、セッションの保存と終了の準備ができたときにこのメソッドをコールします。 スーパーグローバル $_SESSION のセッションデータをエンコードして 文字列にシリアライズし、セッション ID とともにこのメソッドに渡して格納させます。 シリアライズの方式は session.serialize_handler で設定します。

このメソッドが PHP からコールされるのは、通常は出力バッファが閉じた後であることに注意しましょう。ただし、 明示的に session_write_close() をコールした場合は別です。

パラメータ

session_id

セッション id。

session_data

エンコードされたセッションデータ。 これは、PHP がスーパーグローバル $_SESSION の内容を内部的にシリアライズした結果の文字列で、それがこのパラメータに渡されます。 セッションのシリアライズには通常とは別の方式を使っていることに注意しましょう。

返り値

返り値 (通常は、TRUE が成功そして FALSE が失敗を表します)。この値は PHP で内部的に処理されるものであることに注意しましょう。


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「SessionHandlerInterface::write - セッションのデータを書き込む」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | SessionHandlerInterface::write - セッションのデータを書き込む」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: