PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

Solaris へのインストール | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

Solaris へのインストール

このセクションでは、Solaris に PHP をインストールする際の注意とコツを説明します。

必要なソフトウエア

Solaris には、C コンパイラおよび関連するツールがインストールされていない事が しばしばあります。GNU 版の各種ツールが必要となりますが、その理由については こちらの FAQ をお読みください。

PHP の配布物を展開するために必要なソフトウエアは

  • tar
  • gzip あるいは
  • bzip2

PHP をコンパイルするために必要なのは

  • gcc (推奨。他のC コンパイラも動作するかもしれません)
  • make
  • GNU sed

別の拡張モジュールをビルドしたり PHP のコードをハックしたりするためには、これらも必要になるでしょう。

  • flex (PHP 5.2 まで)
  • re2c
  • bison
  • m4
  • autoconf
  • automake
加えて、(Oracle や MySQLなどの) 使用する設定に応じた追加ソフトウエアを インストール(おそらくはコンパイルも)する必要があります。

パッケージの使用

Solaris へのインストールでは、 pkgadd を使用すれば、必要なコンポーネントのインストール処理を 簡単に行うことができます。 The Image Packaging System (IPS) for Solaris 11 Express にも、pkg コマンドを使ったインストールに必要なコンポーネントの大半が含まれています。


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「Solaris へのインストール」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | Solaris へのインストール」をGoogle検索
copyright © 1997-2023 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: