php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

レンタルサーバで動作するphpの種類と留意点
phpには2つのタイプがあります。

・CGI版
・Apacheモジュール版

Apacheモジュール版の方が高機能で動作も軽快です。
CGI版だとphpの機能をフルに使えなかったりします。

更に、セキュリティの問題からphpがセーフモードにされている場合、動かないCGIなどが出てきます。
動かしたいCGIがある場合はお試し期間で十分試すことをオススメします。
セーフモードがかかっていることは逆にセキュリティ的に高いということが言えますのでこれは必ずしもマイナス要素ではありません。

また、コンパイル時に追加するphpのエクステンションが豊富なところも魅力の1つです。
いろいろなモジュールが試せるし遊ぶことが出来、手間を省くことも出来るでしょう。

以下、phpinfoスクリプトでどういうエクステンションが使えるか調べることができます。

<?php
phpinfo
();
?>

curl とか dbm といったモジュールが使えると個人的にはありがたいといった感じでしょうか。

それと、バージョンによって仕様が大きくかわるphpはバージョンも重要な要素です。
動かしたいCGIが、レンタルサーバのバージョンに対応しているか?また実際に動作するかを試すことをオススメします。

このように、同じPHPが使えると謳っているサービスでも大きな違いがあることが分かりますので共用サーバを使う場合は注意してください。

スポンサード リンク



PHP用レンタルサーバー特集にもどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.