php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

PHPのエラー処理
PHPのエラー処理の方法はいくつかあります。

・チェック用関数を作って自分で処理する。
・PEAR_Errorを使う。
set_error_handlerでエラー処理

今回は set_error_handler について解説します。

set_error_handlerで処理するとかなりエラー処理が楽になります。

<?php
function errorHandler ($errno$errstr$errfile$errline){
    
// $errno は error_reporting の値を参照。
    
if($errno == || $errno == $errno == 4){
        
// エラー通知処理
    
}
}
set_error_handler("errorHandler");
?>

PHP標準エラーが発生した場合、この関数が呼ばれるように、という設定が出来るので、特定のエラーレベルのエラーがソースで出ていたらメールしてくれるように、など設定できます。

PHPでは正規表現値にパラメータを利用したり、CGIリクエストによってエラーを出す場合があります。
こういう場合、このエラー処理を設定しておけば、予期しないエラーも容易に把握できるというわけです。

スポンサードリンク



もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2020 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.