PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

DOMDocument クラス | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

DOMDocument クラス

(PHP 5, PHP 7)

はじめに

HTML ドキュメントあるいは XML ドキュメント全体を表し、 ドキュメントツリーのルートとなります。

クラス概要

DOMDocument extends DOMNode {
/* プロパティ */
readonly public string $actualEncoding ;
readonly public DOMConfiguration $config ;
readonly public DOMDocumentType $doctype ;
readonly public DOMElement $documentElement ;
public string $documentURI ;
public string $encoding ;
public bool $formatOutput ;
public bool $preserveWhiteSpace = true ;
public bool $recover ;
public bool $resolveExternals ;
public bool $standalone ;
public bool $strictErrorChecking = true ;
public bool $substituteEntities ;
public bool $validateOnParse = false ;
public string $version ;
readonly public string $xmlEncoding ;
public bool $xmlStandalone ;
public string $xmlVersion ;
/* メソッド */
public __construct ([ string $version [, string $encoding ]] )
public DOMAttr createAttribute ( string $name )
public DOMAttr createAttributeNS ( string $namespaceURI , string $qualifiedName )
public DOMCDATASection createCDATASection ( string $data )
public DOMComment createComment ( string $data )
public DOMDocumentFragment createDocumentFragment ( void )
public DOMElement createElement ( string $name [, string $value ] )
public DOMElement createElementNS ( string $namespaceURI , string $qualifiedName [, string $value ] )
public DOMEntityReference createEntityReference ( string $name )
public DOMProcessingInstruction createProcessingInstruction ( string $target [, string $data ] )
public DOMText createTextNode ( string $content )
public DOMElement getElementById ( string $elementId )
public DOMNodeList getElementsByTagName ( string $name )
public DOMNodeList getElementsByTagNameNS ( string $namespaceURI , string $localName )
public DOMNode importNode ( DOMNode $importedNode [, bool $deep ] )
public mixed load ( string $filename [, int $options = 0 ] )
public bool loadHTML ( string $source [, int $options = 0 ] )
public bool loadHTMLFile ( string $filename [, int $options = 0 ] )
public mixed loadXML ( string $source [, int $options = 0 ] )
public void normalizeDocument ( void )
public bool registerNodeClass ( string $baseclass , string $extendedclass )
public bool relaxNGValidate ( string $filename )
public bool relaxNGValidateSource ( string $source )
public int save ( string $filename [, int $options ] )
public string saveHTML ([ DOMNode $node = NULL ] )
public int saveHTMLFile ( string $filename )
public string saveXML ([ DOMNode $node [, int $options ]] )
public bool schemaValidate ( string $filename [, int $flags ] )
public bool schemaValidateSource ( string $source [, int $flags ] )
public bool validate ( void )
public int xinclude ([ int $options ] )
/* 継承したメソッド */
public DOMNode DOMNode::appendChild ( DOMNode $newnode )
public string DOMNode::C14N ([ bool $exclusive [, bool $with_comments [, array $xpath [, array $ns_prefixes ]]]] )
public int DOMNode::C14NFile ( string $uri [, bool $exclusive [, bool $with_comments [, array $xpath [, array $ns_prefixes ]]]] )
public DOMNode DOMNode::cloneNode ([ bool $deep ] )
public int DOMNode::getLineNo ( void )
public string DOMNode::getNodePath ( void )
public bool DOMNode::hasAttributes ( void )
public bool DOMNode::hasChildNodes ( void )
public DOMNode DOMNode::insertBefore ( DOMNode $newnode [, DOMNode $refnode ] )
public bool DOMNode::isDefaultNamespace ( string $namespaceURI )
public bool DOMNode::isSameNode ( DOMNode $node )
public bool DOMNode::isSupported ( string $feature , string $version )
public string DOMNode::lookupNamespaceURI ( string $prefix )
public string DOMNode::lookupPrefix ( string $namespaceURI )
public void DOMNode::normalize ( void )
public DOMNode DOMNode::removeChild ( DOMNode $oldnode )
public DOMNode DOMNode::replaceChild ( DOMNode $newnode , DOMNode $oldnode )
}

プロパティ

actualEncoding

非推奨。ドキュメントの実際のエンコーディング。 読み込み専用で、 encoding と同等の内容です。

config

非推奨DOMDocument::normalizeDocument() を実行する際に使用する設定。

doctype

このドキュメントに関連付けられた文書型宣言

documentElement

ドキュメントの子ノードであるドキュメント要素に対し、 直接アクセスするために便利な属性

documentURI

ドキュメントの位置。未定義の場合は NULL

encoding

XML 宣言で指定したドキュメントのエンコーディング。 この属性は、DOM Level 3 の最終的な仕様には存在しません。 しかし、この実装で XML ドキュメントのエンコーディングを扱うにはこれを使用するしかありません。

formatOutput

字下げや空白を考慮してきれいに整形した出力を行う。

implementation

このドキュメントを処理する DOMImplementation オブジェクト

preserveWhiteSpace

余分な空白を取り除かない。デフォルトは TRUE

recover

プロプライエタリ。 リカバリーモードを有効にし、整形式でないドキュメントのパースを試みます。 この属性は DOM の仕様にはなく、libxml に固有のものです。

resolveExternals

文書型宣言で外部エンティティを読み込む際に TRUE を設定する。 XML ドキュメントに文字エンティティを含める際に便利です。

standalone

非推奨。 そのドキュメントがスタンドアローンかどうかを XML 宣言で指定したもの。 xmlStandalone に対応します。

strictErrorChecking

エラー時に DOMException をスローする。デフォルトは TRUE

substituteEntities

プロプライエタリ。 エンティティの置換を行うかどうか。 この属性は DOM の仕様にはなく、libxml に固有のものです。

validateOnParse

DTD を読み込んで検証する。デフォルトは FALSE

version

非推奨。 XML のバージョン。 xmlVersion に対応します。

xmlEncoding

XML 宣言の一部として、このドキュメントのエンコーディングを 指定する属性。指定されていない場合や不明な場合 (たとえば ドキュメントがメモリ上に存在する場合など) は NULL

xmlStandalone

XML 宣言の一部として、このドキュメントがスタンドアローンか どうかを指定する。指定されていない場合は FALSE

xmlVersion

XML 宣言の一部として、このドキュメントのバージョン番号を指定する。 バージョン番号が定義されておらず、ドキュメントが "XML" の機能を サポートしている場合は、値は "1.0"

注意

注意:

DOM 拡張モジュールは UTF-8 エンコーディングを使用します。ISO-8859-1 エンコーディングのテキストを扱うには utf8_encode()utf8_decode() を使用します。またその他のエンコーディングを扱うには Iconv を使用します。

目次


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「DOMDocument クラス」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | DOMDocument クラス」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: