php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

Pear-XMLTreeを使う
Pear-XMLを使えば、XML文章を連想配列に入れてしまって簡単に処理することが可能です。
PHP5ではSimpleXMLというものがありますが、PHP4ではこれにあたります。

PEAR-XML_Tree
ダウンロードして pear などと同じフォルダに入れましょう。
(pear/XML/ 等の下に保存)

<?php
require_once'XML/Tree.php';

$xml_filename "data.xml";

$xml_str join("",file($xml_filename)); // xml_str にファイルを読み込み

 // XML_Tree のインスタンス作成
$tree =& new XML_Tree();
 
// XML文書を構造体に代入。
$root =& $tree->getTreeFromString($xml_str);
?>

これだけで、$root にXML構造体が入ります。

if(XML_Tree::isError($root)) {
echo "エラー";
exit;
}

エラーチェックはこんな感じ。

print_r($root);

にてどういう構造体がデータとして表現されているか確かめてしましょう。

$children = $root->children;

などで、ルート要素の子要素を取得したりすることが出来ます。
これにより複雑なXMLの処理も簡単になりますね。

スポンサードリンク



PHPサンプル集
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2021 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.