php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

XMLをパーシング
xml_parse,xml_parse_into_struct を使います。

<?php
$parser 
xml_parser_create();
xml_parser_set_option($parser,XML_OPTION_SKIP_WHITE,1);
xml_parse_into_struct($parser,$buff,$values,$idx);
xml_parser_free($parser);
?>

上記の例では、パーサーを作って、パーサのオプションを指定して、xml_parse_into_struct 関数によってXMLをパースした結果を $values,$idx の連想配列に入れています。
この構造を読み解くことでどういうXMLが返ってきたかを簡単に知ることが可能です。
使い終わったらxml_parse_free でパーサを解放してあげます。

タグ開始、終了にそれぞれハンドラ関数を割り振ってパース処理することも出来ます。

詳しくはこちら

スポンサードリンク



PHPサンプル集
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2021 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.