PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

Yaf_Route_Interface::route - リクエストをルーティングする | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

Yaf_Route_Interface::route

(Yaf >=1.0.0)

Yaf_Route_Interface::routeリクエストをルーティングする

説明

abstract public bool Yaf_Route_Interface::route ( Yaf_Request_Abstract $request )

Yaf_Route_Interface::route() は、ルーターを自作するときに唯一実装する必要のあるメソッドです。

注意:

2.3.0 以降では、実装すべきメソッドがひとつ増えました。 Yaf_Route_Interface::assemble() を参照ください。

このメソッドが TRUE を返せば、そこでルーティングが終わります。それ以外の場合は Yaf_Router はルートスタックの次のルーターにリクエストを転送します。

このメソッドは、 Yaf_Request_Abstract::setControllerName()Yaf_Request_Abstract::setActionName() および Yaf_Request_Abstract::setModuleName() を使って ルーティング結果を request に設定します。

リクエストをルーティングしたことを示すため、このメソッドは最後に Yaf_Request_Abstract::setRouted() を呼ぶ必要があります。

パラメータ

request

Yaf_Request_Abstract のインスタンスを返します。

返り値


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「Yaf_Route_Interface::route - リクエストをルーティングする」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | Yaf_Route_Interface::route - リクエストをルーティングする」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: