PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

変更された関数 | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

変更された関数

PHP コア

  • debug_zval_dump() の出力が、"long" ではなく "int" に、 そして "double" ではなく "float" になりました。
  • dirname() が、オプションの第二パラメータ depth を受け付けるようになりました。これは、 カレントディレクトリから depth 段階さかのぼったディレクトリ名を取得します。
  • getrusage() が Windows 上でも使えるようになりました。
  • mktime() 関数と gmmktime() 関数が、 is_dst パラメータを受け付けなくなりました。
  • preg_replace() 関数が "\e" (PREG_REPLACE_EVAL) をサポートしなくなりました。 かわりに preg_replace_callback() を使いましょう。
  • setlocale() 関数で、category を文字列で渡すことができなくなりました。定数 LC_* を指定する必要があります。
  • exec() 関数、system() 関数および passthru() 関数が、NULL バイト攻撃に対応しました。
  • shmop_open() は int ではなくリソースを返すようになりました。 これを、shmop_size()shmop_write()shmop_read()shmop_close()shmop_delete() に渡す必要があります。
  • substr() および iconv_substr()は、 文字列の長さが開始位置と等しい場合に空文字列を返すようになりました。
  • xml_set_object() は、終了時に $parser の設定を手動で解除しなければいけないようになりました。 これはメモリリークを回避するためです。

忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「変更された関数」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | 変更された関数」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: