PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

属性フラグ用の定数 | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

属性フラグ用の定数

関数 kadm5_create_principal()kadm5_modify_principal() および kadm5_modify_principal() では、ビットを立てることで 特別な属性を指定することができます。以下のような定数が定義されています。
KDC が使用する属性定数
定数
KRB5_KDB_DISALLOW_POSTDATED
KRB5_KDB_DISALLOW_FORWARDABLE
KRB5_KDB_DISALLOW_TGT_BASED
KRB5_KDB_DISALLOW_RENEWABLE
KRB5_KDB_DISALLOW_PROXIABLE
KRB5_KDB_DISALLOW_DUP_SKEY
KRB5_KDB_DISALLOW_ALL_TIX
KRB5_KDB_REQUIRES_PRE_AUTH
KRB5_KDB_REQUIRES_HW_AUTH
KRB5_KDB_REQUIRES_PWCHANGE
KRB5_KDB_DISALLOW_SVR
KRB5_KDB_PWCHANGE_SERVER
KRB5_KDB_SUPPORT_DESMD5
KRB5_KDB_NEW_PRINC


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「属性フラグ用の定数」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | 属性フラグ用の定数」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: