PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

preg_filter - 正規表現による検索と置換を行う | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

preg_filter

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7)

preg_filter正規表現による検索と置換を行う

説明

mixed preg_filter ( mixed $pattern , mixed $replacement , mixed $subject [, int $limit = -1 [, int &$count ]] )

preg_filter()preg_replace() と似ていますが、マッチした結果 (を変換したもの) のみを返します。 この関数の挙動の詳細については preg_replace() のドキュメントを参照ください。

返り値

subject が配列の場合は配列を、それ以外の場合は文字列を返します。

マッチする結果が見つからなかったりエラーが発生したりした場合は、 subjectarray なら空の配列を返し、そうでなければ NULL を返します。

例1 preg_filter()preg_replace() の比較

<?php
$subject 
= array('1''a''2''b''3''A''B''4'); 
$pattern = array('/\d/''/[a-z]/''/[1a]/'); 
$replace = array('A:$0''B:$0''C:$0'); 

echo 
"preg_filter returns\n";
print_r(preg_filter($pattern$replace$subject)); 

echo 
"preg_replace returns\n";
print_r(preg_replace($pattern$replace$subject)); 
?>

上の例の出力は以下となります。

preg_filter returns
Array
(
    [0] => A:C:1
    [1] => B:C:a
    [2] => A:2
    [3] => B:b
    [4] => A:3
    [7] => A:4
)
preg_replace returns
Array
(
    [0] => A:C:1
    [1] => B:C:a
    [2] => A:2
    [3] => B:b
    [4] => A:3
    [5] => A
    [6] => B
    [7] => A:4
)

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「preg_filter - 正規表現による検索と置換を行う」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | preg_filter - 正規表現による検索と置換を行う」をGoogle検索
copyright © 1997-2021 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: