PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

parsekit_compile_file - PHP ファイルをコンパイルし、結果を op コードの配列で返す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

parsekit_compile_file

(PECL parsekit >= 0.2.0)

parsekit_compile_filePHP ファイルをコンパイルし、結果を op コードの配列で返す

説明

array parsekit_compile_file ( string $filename [, array &$errors [, int $options = PARSEKIT_QUIET ]] )
警告

この関数は、 実験的 なものです。この関数の動作・ 名前・その他ドキュメントに書かれている事項は、予告なく、将来的な PHP のリリースにおいて変更される可能性があります。 この関数は自己責任で使用してください。

パラメータ

filename

コンパイルするファイル名を含む文字列。 include の引数と同じ形式です。

errors

コンパイル時に発生したエラー (致命的なエラーを含む) の二次元配列。参照で返されます。

options

PARSEKIT_QUIET あるいは PARSEKIT_SIMPLE のいずれかです。 返される出力の冗長性を設定します。

返り値

複雑な形式の配列を返します。詳細は以下に示します。

例1 parsekit_compile_file() の例

<?php
var_dump
(parsekit_compile_file('hello_world.php'$errorsPARSEKIT_SIMPLE));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(5) {
  [0]=>
  string(37) "ZEND_ECHO UNUSED 'Hello World' UNUSED"
  [1]=>
  string(30) "ZEND_RETURN UNUSED NULL UNUSED"
  [2]=>
  string(42) "ZEND_HANDLE_EXCEPTION UNUSED UNUSED UNUSED"
  ["function_table"]=>
  NULL
  ["class_table"]=>
  NULL
}

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「parsekit_compile_file - PHP ファイルをコンパイルし、結果を op コードの配列で返す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | parsekit_compile_file - PHP ファイルをコンパイルし、結果を op コードの配列で返す」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: