PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mssql_pconnect - 持続的 MS SQL 接続をオープンする | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mssql_pconnect

(PHP 4, PHP 5, PECL odbtp >= 1.1.1)

mssql_pconnect持続的 MS SQL 接続をオープンする

警告

この関数は PHP 7.0.0 で 削除 されました。

この関数の代替として、これらが使えます。

説明

resource mssql_pconnect ([ string $servername [, string $username [, string $password [, bool $new_link = false ]]]] )

mssql_pconnect()mssql_connect() とほとんど同じく動作しますが、違う点が 2 つあります。

第 1 に、この関数は接続時に同じホスト、ユーザー名、パスワードで既に オープンされている(持続的)リンクを探そうとします。 もし見つかった場合、新規の接続をオープンせずにその ID を返します。

第 2 に、SQL サーバーはスクリプトの実行終了時に接続を閉じません。 代わりに、リンクは後に使用されるためにオープンされたままとします (mssql_close()mssql_pconnect() により確立されたリンクを閉じません)。

この型のリンクはこのため '持続的である' と呼ばれます。

パラメータ

servername

MS SQL サーバー。 hostname:port のようにポート番号を含めることもできます。

username

ユーザー名。

password

パスワード。

new_link

同じ引数で mssql_pconnect() が再度コールされた場合、 新規のリンクは作成されず、代わりに既にオープンされたリンク ID が返されます。 このパラメータは、この振る舞いを変更し、mssql_pconnect() が常に新しいリンクを返すようにします。同じパラメータで事前に mssql_pconnect() がコールされていたとしても、 新しいリンクを返します。

返り値

成功時に正の MS SQL 持続的リンク ID、エラー時に FALSE を返します。

例1 mssql_pconnect()new_link を使う例

<?php
// MSSQL に接続し、データベースを選択します
$link1 mssql_pconnect('MANGO\SQLEXPRESS''sa''phpfi');
mssql_select_db('php'$link1);

// 新しいリンクを作成します
$link2 mssql_pconnect('MANGO\SQLEXPRESS''sa''phpfi'true);
mssql_select_db('random'$link2);
?>


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「mssql_pconnect - 持続的 MS SQL 接続をオープンする」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mssql_pconnect - 持続的 MS SQL 接続をオープンする」をGoogle検索
copyright © 1997-2021 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: