PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mailparse_stream_encode - ソースファイルポインタからストリームデータを取得し、 エンコーディングを適用し、出力ファイルポインタに書き込む | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mailparse_stream_encode

(PECL mailparse >= 0.9.0)

mailparse_stream_encode ソースファイルポインタからストリームデータを取得し、 エンコーディングを適用し、出力ファイルポインタに書き込む

説明

bool mailparse_stream_encode ( resource $sourcefp , resource $destfp , string $encoding )

ソースファイルポインタからストリームデータを取得し、 encoding を適用して それを出力ファイルポインタに書き込みます。

パラメータ

sourcefp

有効なファイルハンドル。このファイルからのストリームがパーサに流し込まれます。

destfp

エンコードしたデータを書き込むファイルハンドル。

encoding

mbstring モジュールがサポートする文字エンコーディングのいずれか。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 mailparse_stream_encode() の例

<?php

// email.eml の中身は: hello, this is some text=hello.
$fp fopen('email.eml''r');

$dest tmpfile();

mailparse_stream_encode($fp$dest"quoted-printable");

rewind($dest);

// ファイルの内容を表示します
fpassthru($dest);

?>

上の例の出力は以下となります。

hello, this is some text=3Dhello.


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「mailparse_stream_encode - ソースファイルポインタからストリームデータを取得し、 エンコーディングを適用し、出力ファイルポインタに書き込む」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mailparse_stream_encode - ソースファイルポインタからストリームデータを取得し、 エンコーディングを適用し、出力ファイルポインタに書き込む」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: