PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

imap_mail_compose - 指定したエンベロープおよびボディセクションに基づいて MIME メッセージを作成する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

imap_mail_compose

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

imap_mail_compose 指定したエンベロープおよびボディセクションに基づいて MIME メッセージを作成する

説明

string imap_mail_compose ( array $envelope , array $body )

指定したエンベロープ envelope およびボディセクション body に基づいて MIME メッセージを作成します。

パラメータ

envelope

ヘッダフィールドの連想配列。使えるキーは "remail", "return_path", "date", "from", "reply_to", "in_reply_to", "subject", "to", "cc", "bcc", "message_id" および "custom_headers" (その他のヘッダの連想配列) です。

body

本文の配列。

本文は、以下のキーからなる連想配列です。 "type", "encoding", "charset", "type.parameters", "subtype", "id", "description", "disposition.type", "disposition", "contents.data", "lines", "bytes" および "md5"。

返り値

MIME メッセージを返します。

例1 imap_mail_compose() の例

<?php

$envelope
["from"]= "joe@example.com";
$envelope["to"]  = "foo@example.com";
$envelope["cc"]  = "bar@example.com";

$part1["type"] = TYPEMULTIPART;
$part1["subtype"] = "mixed";

$filename "/tmp/imap.c.gz";
$fp fopen($filename"r");
$contents fread($fpfilesize($filename));
fclose($fp);

$part2["type"] = TYPEAPPLICATION;
$part2["encoding"] = ENCBINARY;
$part2["subtype"] = "octet-stream";
$part2["description"] = basename($filename);
$part2["contents.data"] = $contents;

$part3["type"] = TYPETEXT;
$part3["subtype"] = "plain";
$part3["description"] = "description3";
$part3["contents.data"] = "contents.data3\n\n\n\t";

$body[1] = $part1;
$body[2] = $part2;
$body[3] = $part3;

echo 
nl2br(imap_mail_compose($envelope$body));

?>


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「imap_mail_compose - 指定したエンベロープおよびボディセクションに基づいて MIME メッセージを作成する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | imap_mail_compose - 指定したエンベロープおよびボディセクションに基づいて MIME メッセージを作成する」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: