PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

imap_get_quotaroot - ユーザー単位のクォータ設定を取得する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

imap_get_quotaroot

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

imap_get_quotarootユーザー単位のクォータ設定を取得する

説明

array imap_get_quotaroot ( resource $imap_stream , string $quota_root )

ユーザー単位のクォータ設定を取得します。 limit の値は、このユーザーがメールボックスで使用可能な総容量を表します。 usage の値は、ユーザーが現在メールボックスで使用している容量を表します。

パラメータ

imap_stream

imap_open() が返す IMAP ストリーム。

quota_root

quota_root はどのメールボックスを調べるかを 指定します(例: INBOX)。

返り値

指定したユーザーのメールボックスに関連する整数値を配列で返します。 すべての値にはリソース名に基づいたキーがつけられており、 usage および limit 値を保持する配列が関連付けられています。

コールが失敗した場合、およびサーバーからの応答内容をパースできなかった場合には この関数は FALSE を返します。

例1 imap_get_quotaroot() の例

<?php
$mbox 
imap_open("{imap.example.org}""kalowsky""password"OP_HALFOPEN)
      or die(
"接続できません: " imap_last_error());

$quota imap_get_quotaroot($mbox"INBOX");
if (
is_array($quota)) {
   
$storage $quota['STORAGE'];
   echo 
"STORAGE usage level is: " .  $storage['usage'];
   echo 
"STORAGE limit level is: " .  $storage['limit'];

   
$message $quota['MESSAGE'];
   echo 
"MESSAGE usage level is: " .  $message['usage'];
   echo 
"MESSAGE limit level is: " .  $message['limit'];

   
/* ...  */

}

imap_close($mbox);
?>

注意

この関数は、現在は c-client2000 以降のライブラリを使用しているユーザーのみ利用可能です。

imap_stream は、 調べたいメールボックスを所有するユーザーがオープンしなければなりません。

参考

  • imap_open() - メールボックスへの IMAP ストリームをオープンする
  • imap_set_quota() - 指定したメールボックスにクォータを設定する
  • imap_get_quota() - クオータレベルの設定、メールボックス毎の使用状況を取得する


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「imap_get_quotaroot - ユーザー単位のクォータ設定を取得する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | imap_get_quotaroot - ユーザー単位のクォータ設定を取得する」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: