PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

imap_fetchmime - メッセージの特定のセクションに対する MIME ヘッダを取り出します | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

imap_fetchmime

(PHP 5 >= 5.3.6, PHP 7)

imap_fetchmimeメッセージの特定のセクションに対する MIME ヘッダを取り出します

説明

string imap_fetchmime ( resource $imap_stream , int $msg_number , string $section [, int $options = 0 ] )

指定したメッセージの本文の特定のセクションの MIME ヘッダを取り出します。

パラメータ

imap_stream

imap_open() が返す IMAP ストリーム。

msg_number

メッセージ番号

section

パート番号。ピリオドで区切られた整数文字列を指定します。 これは、IMAP4 の仕様に従って本文パートのリストにインデックスを付けます。

options

ビットマスク。以下の組合わせとなります。

  • FT_UID - msg_number は UID です
  • FT_PEEK - 既に設定されていない場合、\Seen フラグを設定しません
  • FT_INTERNAL - 返される文字列は内部フォーマットです。 CRLF に正規化しません。

返り値

指定したメッセージの本文の特定のセクションの MIME ヘッダを文字列として返します。

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「imap_fetchmime - メッセージの特定のセクションに対する MIME ヘッダを取り出します」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | imap_fetchmime - メッセージの特定のセクションに対する MIME ヘッダを取り出します」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: