PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

get_resource_type - リソース型を返す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

get_resource_type

(PHP 4 >= 4.0.2, PHP 5, PHP 7)

get_resource_typeリソース型を返す

説明

string get_resource_type ( resource $handle )

この関数は、指定したリソースの型を取得します。

パラメータ

handle

評価されるリソースハンドル。

返り値

指定された handle がリソースであった場合、 この関数はその型を表す文字列を返します。この関数で型が判別できなかった 場合は、返り値は文字列 Unknown となります。

もし handle がリソースでない場合、 この関数は NULL を返し、エラーを発生させます。

変更履歴

バージョン 説明
PHP 5.3.0 If handle is not a resource this functions returns NULL. Formerly, FALSE has been returned.

例1 get_resource_type() の例

<?php
// mysql link を出力
$c mysql_connect();
echo 
get_resource_type($c) . "\n";

// stream を出力
$fp fopen("foo""w");
echo 
get_resource_type($fp) . "\n";

// domxml document を出力
$doc new_xmldoc("1.0");
echo 
get_resource_type($doc->doc) . "\n";
?>


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「get_resource_type - リソース型を返す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | get_resource_type - リソース型を返す」をGoogle検索
copyright © 1997-2022 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: