PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

Error::getTrace - Gets the stack trace | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

Error::getTrace

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

Error::getTraceGets the stack trace

説明

final public array Error::getTrace ( void )

Returns the stack trace.

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

Returns the stack trace as an array.

例1 Error::getTrace() example

<?php
function test() {
 throw new 
Error;
}

try {
 
test();
} catch(
Error $e) {
 
var_dump($e->getTrace());
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

array(1) {
  [0]=>
  array(4) {
    ["file"]=>
    string(22) "/home/bjori/tmp/ex.php"
    ["line"]=>
    int(7)
    ["function"]=>
    string(4) "test"
    ["args"]=>
    array(0) {
    }
  }
}

参考


忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「Error::getTrace - Gets the stack trace」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | Error::getTrace - Gets the stack trace」をGoogle検索
copyright © 1997-2023 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: