php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

PHP&Pearでデータベース操作
実際に PEAR::DB クラスを使ってみましょう。

<?php
include("DB.php"); // PEAR の DB クラスを読み込む

$db DB::connect("mysql://データベースユーザ:パスワード@localhost/test");
$result $db->query("select * from testtable");
while(
$row $result->fetchRow()){
    
print_r($row);
}
?>

上記ではまず、PEARのDBクラスを読みこんでいます。
これを読み込むことで後のDB::connect といった関数が使えるようになります。

DB::connect でデータベースにまず接続します。
DB::connect の返り値は $db に格納します。
$db はデータベース用のハンドラで
$db->query などとして SQLコマンドを実行します。

ここでは select * from testtable というSQL文を実行しています。その結果を $result に代入します。

その後、while($row = $result->fetchRow()) で 先ほど $result で得た内容を fetchRow で $row に配列として代入します。

そして、print_r で $row の構造を出力しています。

SQL入門で紹介した
データの挿入、更新、削除も次の構文で実行することが出来ます。

$db->query("SQLコマンド");

例)
$db->query("delete from table where id = 1");
$db->query("insert into table values (〜)");
$db->query("update table set id = 5 where id = 1");

こんな感じに PEAR を使うと簡単で、今後他のデータベースを使う場合でも応用が効きます。

スポンサードリンク



PEAR::DBの詳細なドキュメント
もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.