php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

連想配列
連想配列は配列よりデータを導き出すことに優れています。
連想配列ということであるデータから違うデータを連想させる、といったイメージです。

例えば
$rhairetu["明日"] = '遊ぶ';
$rhairetu["今日"] = '寝る';

と定義しておけば、
明日、というデータから「遊ぶ」というデータを取り出せます。

普通の配列は $hairetu[1]などと数字だったので分かりにくかったのですが、連想配列ではあるデータからあるデータを導き出すことができるため、データを探し出すのが容易です。

$hairetu[0] = '遊ぶ';
$hairetu[1] = '寝る';

だと何がなんだかわからないですよね。

配列、連想配列はそれぞれに一長一短があるため実際にプログラミングする際には用途に応じて使い分けます。

<?php
 
//動作確認用サンプル

$hairetu[0] = '遊ぶ';
$hairetu[1] = '寝る';

print_r($hairetu);
?>

XAMPPを使っている場合は、
C:\Program Files\xampp\htdocs\sample.php
などとして保存し、
http://localhost/sample.php
にアクセスして実際に動作させてみましょう。

スポンサードリンク



もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.