php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

画像をウェブサーバに瞬時にUPする方法
画像をウェブサイトにアップする場合、どういう方法をとっているでしょうか?
おそらく多くの方は、CMS付属のアップローダーやWebベースのアップローダー、FTPによるアップロードを行っていると思います。

ただ、そういった方法では、次のような結構なステップを踏んでしまいます。

1. 画像を適切なフォーマット(GIF/JPEG/PNG)で保存する
2. ファイルアップロードの画面を開く
3. ファイルを保存したパスに移動
4. ファイルを選択
5. ファイルをアップロード
6. アップした後の画像は無駄なので削除

そこで、WEBIMAGERの紹介です。
WEBIMAGERなら、ディスプレイに表示されているありとあらゆるイメージをスクリーンキャプチャソフトのように取得し、簡単な操作でアッという間にWEBサイトにアップすることが出来ます。

1. スクリーンキャプチャする
2. アップロードボタンを押す
3. アップ先を選択してアップ

画像をどこかに保存して、そのパスを選択し、アップ後は画像を削除、
といった無駄な処理は不要になります。
面倒さを解消することで、ページに画像を沢山掲載し、分かりやすいページ作りができるようになると思います。

例えば、ブログ等で何らかの概念を図を用いて説明したい場合でも、PhotoShop,PowerPoint等を使ってザッと概念図を書いて、スクリーンキャプチャしてボタンを2回ほどクリックするだけで概念図をWEBにアップし、説明に役立てることが出来ます。



アップロードにかかる時間はほんの5秒程度で済みますので、図の作成やブログ記事作成に専念できます。

WEBIMAGERの説明ページへ

スポンサードリンク


管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2018 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.