php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

セッションを使う
phpのセッションはクッキーを使って、そのクッキーを元にサーバ側にデータを保存しておいて次回アクセスした際にそのデータを読み込んで使えるというものです。

ブラウザベースのアクセスの場合、アクセス毎にデータが消えてしまうのでこういう仕組みがあります。クッキーでデータを保存しておくのもよいのですが、セッションにはオブジェクトとか配列、連想配列など、何でも値が入ってしまうので便利です(クッキーはテキストのみ)

セッションを使うには、

<?php
session_start
();

$_SESSION["hensu"] = 1;
?>

のように、

session_start();をした後に$_SESSION変数に値を設定してあげます。

次回アクセスした際に
echo $_SESSION["hensu"]; とすると 1 が出力されます。

指定した値を破棄するには unset($_SESSION["hensu"]); します。

値を全て破棄するには session_unset(); します。

注意点として、セッションデータを設定する場合は、ブラウザには何も出力していない状態で処理を書くべきです。例えば、次のようなコードはエラーになります。

エラーの出るコード
<?php
echo "AAA"// ←セッション設定の前に出力はタブー
session_start();

$_SESSION["hensu"] = 1;
?>

スポンサードリンク



もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2017 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.