php spot
phpが使えるレンタルサーバー特集
検索グラス
トップページへ

オブジェクトをファイルに保存
PHPのオブジェクトをそのままファイルに保存して次回セッションにも使いまわしたい、ということが結構あります。

そんな時は、serialize 関数です。

serialize($object);

とするとオブジェクトのメンバ変数等をシリアライズできます。

<?php

$a 
= new A;
echo 
serialize($a);

class 
A{
  var 
$hash;
  function 
A()
  {
    
$this->hash = array(
      
"a"=>"b",
      
"c"=>"d",
      
"e"=>"f"
    
);
  }
}

?>

O:1:"a":1:{s:4:"hash";a:3:{s:1:"a";s:1:"b";s:1:"c";s:1:"d";s:1:"e";s:1:"f";}}
が出力されます。

という感じに1行テキストに変換されます。
これならファイルに保存できますね。

元に戻すときは、unserialize 関数を使います。

但し、注意したいのはオブジェクトのメソッドは保存されないということです。

コピーコンストラクタっぽいものを作ってオブジェクトに初期化させるとうまく行きそうです。

スポンサードリンク



もどる
管理人の新着ブログ記事

    プライバシーポリシー | お問い合わせ
copyright © 2003-2020 phpspot all rights reserved. powered by phpspot CMS.