PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

PostgreSQL 関数 | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

PostgreSQL 関数

注意

注意:

すべての関数がすべての構築環境でサポートされるわけではありません。 サポートされる関数は、使用する libpq(PostgreSQL の C クライアント ライブラリ)のバージョンと libpq のコンパイル方法に依存します。 もし PHP の PostgreSQL 拡張モジュールに足りない関数がある場合、 原因は libpq がその関数をサポートしていないことです。

注意:

ほとんどの PostgreSQL 関数は、オプションの第 1 引数として connection を受け付けます。もしこれを 指定しなかった場合、直近にオープンされた接続を使用します。 そのような接続が存在しなかった場合、関数は FALSE を返します。

注意:

PostgreSQL は、オブジェクトの生成時やクエリの実行時に 識別子(例: テーブル名・カラム名)を自動的に小文字に変換します。 この自動変換を防ぐには、識別子をダブルクォート("")でエスケープする 必要があります。

注意:

PostgreSQL には、データベースのスキーマ情報(例: データベース内の すべてのテーブルなど)を取得するための特別なコマンドがありません。 その代わりに、PostgreSQL 7.4 以降では information_schema という標準スキーマが存在し、必要な情報が検索しやすい形式で格納されています。 詳しい情報は » PostgreSQL ドキュメンテーション を参照ください。

目次

  • pg_affected_rows ? 変更されたレコード(タプル)の数を返す
  • pg_cancel_query ? 非同期クエリを取り消す
  • pg_client_encoding ? クライアントのエンコーディングを取得する
  • pg_close ? PostgreSQL 接続をクローズする
  • pg_connect_poll ? Poll the status of an in-progress asynchronous PostgreSQL connection attempt.
  • pg_connect ? PostgreSQL 接続をオープンする
  • pg_connection_busy ? 接続がビジーかどうか調べる
  • pg_connection_reset ? 接続をリセット(再接続)する
  • pg_connection_status ? 接続ステータスを取得する
  • pg_consume_input ? Reads input on the connection
  • pg_convert ? 連想配列の値を、SQL 文として実行可能な形式に変換する
  • pg_copy_from ? 配列からテーブルに挿入する
  • pg_copy_to ? 配列にテーブルをコピーする
  • pg_dbname ? データベース名を取得する
  • pg_delete ? レコードを削除する
  • pg_end_copy ? PostgreSQL バックエンドと同期する
  • pg_escape_bytea ? bytea フィールドに挿入するために文字列をエスケープする
  • pg_escape_identifier ? テキスト型フィールドに挿入するために、識別子をエスケープする
  • pg_escape_literal ? テキスト型フィールドに挿入するために、リテラルをエスケープする
  • pg_escape_string ? クエリに使う文字列をエスケープする
  • pg_execute ? 指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待つ
  • pg_fetch_all_columns ? 指定したカラムの全ての行を配列として取得する
  • pg_fetch_all ? 取得されたすべての行を配列として取得する
  • pg_fetch_array ? 行を配列として取得する
  • pg_fetch_assoc ? 行を連想配列として取得する
  • pg_fetch_object ? 行をオブジェクトとして得る
  • pg_fetch_result ? 結果リソースから値を返す
  • pg_fetch_row ? 数値添字の配列として行を得る
  • pg_field_is_null ? フィールドが SQL の NULL かどうか調べる
  • pg_field_name ? フィールドの名前を返す
  • pg_field_num ? 指定されたフィールドのフィールド番号を返す
  • pg_field_prtlen ? 表示される長さを返す
  • pg_field_size ? 指定したフィールドの内部記憶領域におけるサイズを返す
  • pg_field_table ? tables フィールドの名前あるいは oid を返す
  • pg_field_type_oid ? フィールド番号に対応する型 ID(OID)を返す
  • pg_field_type ? フィールド番号に対応する型名を返す
  • pg_flush ? Flush outbound query data on the connection
  • pg_free_result ? メモリを開放する
  • pg_get_notify ? SQL NOTIFY メッセージを取得する
  • pg_get_pid ? バックエンドのプロセス ID を得る
  • pg_get_result ? 非同期クエリの結果を取得する
  • pg_host ? 接続に関連するホスト名を返す
  • pg_insert ? テーブルに配列を挿入する
  • pg_last_error ? 特定の接続から直近のエラーメッセージ文字列を取得する
  • pg_last_notice ? PostgreSQL サーバーからの直近の通知メッセージを返す
  • pg_last_oid ? 直近の行のオブジェクト ID を返す
  • pg_lo_close ? ラージオブジェクトをクローズする
  • pg_lo_create ? ラージオブジェクトを生成する
  • pg_lo_export ? ラージオブジェクトをファイルにエクスポートする
  • pg_lo_import ? ファイルからラージオブジェクトをインポートする
  • pg_lo_open ? ラージオブジェクトをオープンする
  • pg_lo_read_all ? ラージオブジェクト全体を読み込みブラウザに直接送信する
  • pg_lo_read ? ラージオブジェクトを読み込む
  • pg_lo_seek ? ラージオブジェクトの位置をシークする
  • pg_lo_tell ? ラージオブジェクトのカレントのシーク位置を返す
  • pg_lo_truncate ? Truncates a large object
  • pg_lo_unlink ? ラージオブジェクトを削除する
  • pg_lo_write ? ラージオブジェクトを書く
  • pg_meta_data ? テーブルからメタデータを取得する
  • pg_num_fields ? フィールド数を返す
  • pg_num_rows ? 行数を返す
  • pg_options ? 接続に関連するオプションを取得する
  • pg_parameter_status ? サーバーのパラメータ設定を検索する
  • pg_pconnect ? 持続的な PostgreSQL 接続をオープンする
  • pg_ping ? データベース接続を調べる
  • pg_port ? 接続に関連するポート番号を返す
  • pg_prepare ? 指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その完了を待つ
  • pg_put_line ? NULL で終わる文字列を PostgreSQL バックエンドに送信する
  • pg_query_params ? SQL コマンドとパラメータを分割してサーバーにを送信し、その結果を待つ
  • pg_query ? クエリを実行する
  • pg_result_error_field ? エラー報告の各フィールドを返す
  • pg_result_error ? 結果に関連するエラーメッセージを取得する
  • pg_result_seek ? 結果リソースの内部行オフセットを設定する
  • pg_result_status ? クエリ結果のステータスを取得する
  • pg_select ? レコードを選択する
  • pg_send_execute ? 指定したパラメータでプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待たない
  • pg_send_prepare ? 指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その結果を待たない
  • pg_send_query_params ? コマンドとパラメータを分割してサーバーに送信し、その結果を待たない
  • pg_send_query ? 非同期クエリを送信する
  • pg_set_client_encoding ? クライアントのエンコーディングを設定する
  • pg_set_error_verbosity ? pg_last_error および pg_result_error が返すメッセージの詳細度を指定する
  • pg_socket ? Get a read only handle to the socket underlying a PostgreSQL connection
  • pg_trace ? PostgreSQL 接続のトレースを有効にする
  • pg_transaction_status ? サーバー上で実行中のトランザクションの状態を返す
  • pg_tty ? 接続に関する TTY 名を返す
  • pg_unescape_bytea ? bytea 型のバイナリをアンエスケープする
  • pg_untrace ? PostgreSQL 接続のトレースを無効にする
  • pg_update ? テーブルを更新する
  • pg_version ? クライアント・プロトコル・サーバーのバージョンを配列で返す

忘却曲線を使ってこの知識を確実に記憶に残す

フォーラムで「PostgreSQL 関数」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | PostgreSQL 関数」をGoogle検索
copyright © 1997-2019 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: