PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

umask - 現在の umask を変更する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

umask

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

umask現在の umask を変更する

説明

int umask ([ int $mask ] )

umask() は PHP の umask を mask & 0777 にセットし、 元の umask 値を返します。 PHP がサーバー・モジュールとして動作中の場合、 各リクエストが終了するたびに umask は元の値に戻されます。

パラメータ

mask

新しい umask。

返り値

umask()を引数無しで実行すると、単に現在の umask値を返します。

例1 umask() の例

<?php
$old 
umask(0);
chmod("/path/some_dir/some_file.txt"0755);
umask($old);

// チェック
if ($old != umask()) {
    die(
'An error occurred while changing back the umask');
}
?>

注意

注意:

マルチスレッドな Web サーバーでこの関数を使用することは避けてください。 ファイルを生成後、chmod() を使用してファイル権限を 変更するのがより良い方法です。全て同じ umask が使用されるので、 umask() の使用は、スクリプトを同時に実行する場合や Web サーバー自身の予期しない動作を引き起こす原因になる可能性があります。


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「umask - 現在の umask を変更する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | umask - 現在の umask を変更する」をGoogle検索
copyright © 1997-2019 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: