PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

stripos - 大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

stripos

(PHP 5, PHP 7)

stripos大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す

説明

mixed stripos ( string $haystack , string $needle [, int $offset = 0 ] )

文字列 haystack の中で needle が最初に現れる位置を探します。

strpos() と異なり、stripos() は大文字小文字を区別しません。

パラメータ

haystack

検索を行う文字列。

needle

needle は、 ひとつまたは複数の文字であることに注意しましょう。

needle が文字列でない場合は、 それを整数に変換し、その番号に対応する文字として扱います。

offset

指定すると、文字列内での検索開始位置がその位置になります。 負の数を指定すると、文字列の末尾からこの数だけ戻った場所から検索を開始します。

返り値

needle が見つかった位置を、 haystack 文字列の先頭 (offset の値とは無関係) からの相対位置で返します。 文字列の開始位置は 0 であり、1 ではないことに注意しましょう。

needle が見つからない場合は FALSE を返します。

警告

この関数は論理値 FALSE を返す可能性がありますが、FALSE として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

変更履歴

バージョン 説明
7.1.0 負の offset をサポートするようになりました。

例1 stripos() の例

<?php
$findme    
'a';
$mystring1 'xyz';
$mystring2 'ABC';

$pos1 stripos($mystring1$findme);
$pos2 stripos($mystring2$findme);

// いいえ、'a' は明らかに 'xyz' の中には存在しません
if ($pos1 === false) {
    echo 
"The string '$findme' was not found in the string '$mystring1'";
}

// === を使用していることに注意しましょう。単に == としても期待通りに動作
// しません。なぜなら 'a' は 0 番目(最初) の文字だからです。
if ($pos2 !== false) {
    echo 
"We found '$findme' in '$mystring2' at position $pos2";
}
?>

注意

注意: この関数はバイナリデータに対応しています。

参考

  • mb_stripos() - 大文字小文字を区別せず、 文字列の中で指定した文字列が最初に現れる位置を探す
  • strpos() - 文字列内の部分文字列が最初に現れる場所を見つける
  • strrpos() - 文字列中に、ある部分文字列が最後に現れる場所を探す
  • strripos() - 文字列中で、特定の(大文字小文字を区別しない)文字列が最後に現れた位置を探す
  • stristr() - 大文字小文字を区別しない strstr
  • substr() - 文字列の一部分を返す
  • str_ireplace() - 大文字小文字を区別しない str_replace


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「stripos - 大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | stripos - 大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す」をGoogle検索
copyright © 1997-2019 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: