PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

sleep - 実行を遅延させる | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

sleep

(PHP 4, PHP 5)

sleep実行を遅延させる

説明

int sleep ( int $seconds )

seconds で与えられた秒数ぶんプログラムの実行を遅延させます。

パラメータ

seconds

秒単位の停止時間。

返り値

成功した場合にゼロ、エラーが発生した場合に FALSE を返します。

シグナルで中断した場合、sleep() はゼロ以外の値を返します。 Windows では、この値は常に 192 (Windows API の定数 WAIT_IO_COMPLETION の値) です。 その他のプラットフォームでは、残りの遅延秒数を返します。

エラー / 例外

指定した秒数 seconds が負の場合、 この関数は E_WARNING を発生させます。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.4 PHP 5.3.4 より前のバージョンでは、Windows で sleep() を実行すると、遅延が発生したときには常に NULL を返していました。 処理が完了した場合もシグナルで中断した場合も同じです。

例1 sleep() の例

<?php

// 現在の時刻
echo date('h:i:s') . "\n";

// 10 秒間遅延させる
sleep(10);

// 再開!
echo date('h:i:s') . "\n";

?>

この例の(10 秒後の)出力は以下のようになります。

05:31:23
05:31:33

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「sleep - 実行を遅延させる」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | sleep - 実行を遅延させる」をGoogle検索
copyright © 1997-2017 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: