PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

restore_error_handler - 以前のエラーハンドラ関数を回復する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

restore_error_handler

(PHP 4 >= 4.0.1, PHP 5, PHP 7)

restore_error_handler以前のエラーハンドラ関数を回復する

説明

bool restore_error_handler ( void )

set_error_handler() を使用してエラーハンドラ関数を 変更した後、元のエラーハンドラ(組込またはユーザー定義関数)に戻すために 使用されます。

返り値

この関数は常に TRUE を返します。

例1 restore_error_handler() の例

unserialize() がエラーを発生した場合に 元のエラーハンドラに戻すことにする

<?php
function unserialize_handler($errno$errstr)
{
    echo 
"Invalid serialized value.\n";
}

$serialized 'foo';
set_error_handler('unserialize_handler');
$original unserialize($serialized);
restore_error_handler();
?>

上の例の出力は以下となります。

Invalid serialized value.

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「restore_error_handler - 以前のエラーハンドラ関数を回復する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | restore_error_handler - 以前のエラーハンドラ関数を回復する」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: