PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

print_r - 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

print_r

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

print_r 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する

説明

mixed print_r ( mixed $expression [, bool $return = false ] )

print_r() は、 変数の値に関する情報を解り易い形式で表示します。

print_r()var_dump() および var_export() は、オブジェクトの protected および private のプロパティも表示します。 静的なクラスメンバーは表示されません。

パラメータ

expression

表示したい式。

return

print_r() の結果を取得したい場合には return 引数を使います。 この引数が TRUE の場合には、 print_r() は情報を表示するかわりに情報を返します。

返り値

stringinteger, float を指定した場合はその値が出力されます。 array を指定した場合、キーと要素を表す形式で値が 表示されます。object に関しても同様の表示形式となります。

return パラメータが TRUE の場合は、 この関数は string を返します。それ以外の場合の返り値は TRUE です。

注意

注意:

return パラメータを使う場合、この関数は内部的に出力バッファリングを使います。 そのため、ob_start() コールバック関数の中では使えません。

例1 print_r() の例

<pre>
<?php
$a 
= array ('a' => 'apple''b' => 'banana''c' => array ('x''y''z'));
print_r ($a);
?>
</pre>

上の例の出力は以下となります。

<pre>
Array
(
    [a] => apple
    [b] => banana
    [c] => Array
        (
            [0] => x
            [1] => y
            [2] => z
        )
)
</pre>

例2 return 引数の例

<?php
$b 
= array ('m' => 'monkey''foo' => 'bar''x' => array ('x''y''z'));
$results print_r($btrue); // print_r の結果が $results に格納されます
?>

参考

  • ob_start() - 出力のバッファリングを有効にする
  • var_dump() - 変数に関する情報をダンプする
  • var_export() - 変数の文字列表現を出力または返す


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「print_r - 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | print_r - 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する」をGoogle検索
copyright © 1997-2019 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: