PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

preg_match_all - 繰り返し正規表現検索を行う | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

preg_match_all

(PHP 4, PHP 5)

preg_match_all繰り返し正規表現検索を行う

説明

int preg_match_all ( string $pattern , string $subject [, array &$matches [, int $flags = PREG_PATTERN_ORDER [, int $offset = 0 ]]] )

subject を検索し、 pattern に指定した正規表現にマッチした すべての文字列を、flags で指定した 順番で、matches に代入します。

正規表現にマッチすると、そのマッチした文字列の後から 検索が続行されます。

パラメータ

pattern

検索するパターンを表す文字列。

subject

入力文字列。

matches

マッチしたすべての内容を含む、 flags で指定した形式の多次元配列。

flags

以下のフラグの組み合わせ (PREG_PATTERN_ORDERPREG_SET_ORDER と組み合わせて使用することは 無意味ですので注意してください)。

PREG_PATTERN_ORDER

$matches[0] はパターン全体にマッチした文字列の配列、 $matches[1] は第 1 のキャプチャ用サブパターンにマッチした文字列の配列、 といった順番となります。

<?php
preg_match_all
("|<[^>]+>(.*)</[^>]+>|U",
    
"<b>example: </b><div align=left>this is a test</div>",
    
$outPREG_PATTERN_ORDER);
echo 
$out[0][0] . ", " $out[0][1] . "\n";
echo 
$out[1][0] . ", " $out[1][1] . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

<b>example: </b>, <div align=left>this is a test</div>
example: , this is a test

$out[0] はパターン全体にマッチした文字列の配列を有しており、 $out[1] はタグで囲まれた文字列の配列を有しています。

PREG_SET_ORDER

$matches[0] は 1 回目のマッチングでキャプチャした値の配列、 $matches[1] は 2 回目のマッチングでキャプチャした値の配列、 といった順序となります。

<?php
preg_match_all
("|<[^>]+>(.*)</[^>]+>|U",
    
"<b>example: </b><div align=\"left\">this is a test</div>",
    
$outPREG_SET_ORDER);
echo 
$out[0][0] . ", " $out[0][1] . "\n";
echo 
$out[1][0] . ", " $out[1][1] . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

<b>example: </b>, example:
<div align="left">this is a test</div>, this is a test

PREG_OFFSET_CAPTURE

このフラグを設定した場合、各マッチに対応する文字列のオフセットも返されます。 これにより、返り値は配列となり、配列の要素 0 はマッチした文字列、 要素 1subject における マッチした文字列のオフセット値となることに注意してください。

flags を指定しない場合は、 PREG_PATTERN_ORDER が指定されたことになります。

offset

通常、検索は対象文字列の先頭から開始されます。 オプションのパラメータ offset を使用して 検索の開始位置を (バイト単位で) 指定することも可能です。

注意:

offset を用いるのと、 substr($subject, $offset)preg_match_all()の対象文字列として指定するのとは 等価ではありません。 これは、pattern には、 ^, $(?<=x) のような言明を含めることができるためです。 これに関する例については、 preg_match() を参照してください。

返り値

パターンがマッチした総数を返します(ゼロとなる可能性もあります)。 または、エラーが発生した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 matches パラメータが必須ではなくなりました。
5.3.6 offsetsubject よりも長いときに FALSE を返すようになりました。
5.2.2 名前付きサブパターンで、 (?<name>)(?'name') のような構文を (?P<name>) と同様に受け入れるようになりました。 以前のバージョンでは (?P<name>) 形式しか使えませんでした。

例1 テキストからすべての電話番号を得る

<?php
preg_match_all
("/\(?  (\d{3})?  \)?  (?(1)  [\-\s] ) \d{3}-\d{4}/x",
                
"Call 555-1212 or 1-800-555-1212"$phones);
?>

例2 HTML タグにマッチするものを見付ける(貪欲)

<?php
// \\2 は後方参照の例。これは、pcre に正規表現中の括弧の 2 番目の
// 組、つまりこの場合は ([\w]+)、にマッチする。文字列が二重引用符で
// 括られているため、バックスラッシュの追加が必要。
$html "<b>bold text</b><a href=howdy.html>click me</a>";

preg_match_all("/(<([\w]+)[^>]*>)(.*?)(<\/\\2>)/"$html$matchesPREG_SET_ORDER);

foreach (
$matches as $val) {
    echo 
"matched: " $val[0] . "\n";
    echo 
"part 1: " $val[1] . "\n";
    echo 
"part 2: " $val[2] . "\n";
    echo 
"part 3: " $val[3] . "\n";
    echo 
"part 4: " $val[4] . "\n\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

matched: <b>bold text</b>
part 1: <b>
part 2: b
part 3: bold text
part 4: </b>

matched: <a href=howdy.html>click me</a>
part 1: <a href=howdy.html>
part 2: a
part 3: click me
part 4: </a>

例3 名前つきサブパターンの使用法

<?php

$str 
= <<<FOO
a: 1
b: 2
c: 3
FOO;

preg_match_all('/(?P<name>\w+): (?P<digit>\d+)/'$str$matches);

/* PHP 5.2.2 (PCRE 7.0) 以降ではこの形式でも動作しますが、
 * 過去との互換性を考慮して上の形式のほうを推奨します */
// preg_match_all('/(?<name>\w+): (?<digit>\d+)/', $str, $matches);

print_r($matches);

?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => a: 1
            [1] => b: 2
            [2] => c: 3
        )

    [name] => Array
        (
            [0] => a
            [1] => b
            [2] => c
        )

    [1] => Array
        (
            [0] => a
            [1] => b
            [2] => c
        )

    [digit] => Array
        (
            [0] => 1
            [1] => 2
            [2] => 3
        )

    [2] => Array
        (
            [0] => 1
            [1] => 2
            [2] => 3
        )

)

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「preg_match_all - 繰り返し正規表現検索を行う」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | preg_match_all - 繰り返し正規表現検索を行う」をGoogle検索
copyright © 1997-2017 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: