PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mysql_stat - 現在のシステムの状態を取得する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mysql_stat

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

mysql_stat現在のシステムの状態を取得する

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になり、PHP 7.0.0 で削除されました。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

string mysql_stat ([ resource $link_identifier = NULL ] )

mysql_stat() は現在のサーバーの状態を返します。

パラメータ

link_identifier

MySQL 接続。 指定されない場合、mysql_connect() により直近にオープンされたリンクが 指定されたと仮定されます。そのようなリンクがない場合、引数を指定せずに mysql_connect() がコールした時と同様にリンクを確立します。 リンクが見付からない、または、確立できない場合、 E_WARNING レベルのエラーが生成されます。

返り値

稼働時間、スレッド、クエリ、オープンされているテーブル、フラッシュされた テーブル、そして 1 秒あたりのクエリ数を文字列で返します。その他のデータも 含めた完全な状態を得るには、SHOW STATUS SQL コマンドを 実行する必要があります。link_identifier が不正な 場合には NULL が返されます。

例1 mysql_stat() の例

<?php
$link   
mysql_connect('localhost''mysql_user''mysql_password');
$status explode('  'mysql_stat($link));
print_r($status);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Uptime: 5380
    [1] => Threads: 2
    [2] => Questions: 1321299
    [3] => Slow queries: 0
    [4] => Opens: 26
    [5] => Flush tables: 1
    [6] => Open tables: 17
    [7] => Queries per second avg: 245.595
)

例2 mysql_stat() の別の例

<?php
$link   
mysql_connect('localhost''mysql_user''mysql_password');
$result mysql_query('SHOW STATUS'$link);
while (
$row mysql_fetch_assoc($result)) {
    echo 
$row['Variable_name'] . ' = ' $row['Value'] . "\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

back_log = 50
basedir = /usr/local/
bdb_cache_size = 8388600
bdb_log_buffer_size = 32768
bdb_home = /var/db/mysql/
bdb_max_lock = 10000
bdb_logdir =
bdb_shared_data = OFF
bdb_tmpdir = /var/tmp/
...

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「mysql_stat - 現在のシステムの状態を取得する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mysql_stat - 現在のシステムの状態を取得する」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: