PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mysql_errno - 直近の MySQL 処理からエラーメッセージのエラー番号を返す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mysql_errno

(PHP 4, PHP 5)

mysql_errno直近の MySQL 処理からエラーメッセージのエラー番号を返す

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になり、PHP 7.0.0 で削除されました。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

int mysql_errno ([ resource $link_identifier = NULL ] )

直近の MySQL 関数で発生したエラーの番号を返します。

MySQL データベースバックエンドから返ってくるエラーは、 警告を発生しません。代わりに mysql_errno() を用いて エラー番号を取得してください。この関数が返すのは、直近に実行された MySQL 関数(mysql_error()mysql_errno() は除く)のエラーコードだけであることに 注意しましょう。この関数を利用するなら、別の MySQL 関数をコールする前に 値を調べることを忘れないようにしましょう。

パラメータ

link_identifier

MySQL 接続。 指定されない場合、mysql_connect() により直近にオープンされたリンクが 指定されたと仮定されます。そのようなリンクがない場合、引数を指定せずに mysql_connect() がコールした時と同様にリンクを確立します。 リンクが見付からない、または、確立できない場合、 E_WARNING レベルのエラーが生成されます。

返り値

直近の MySQL 関数からのエラー番号を返します。エラーが発生していない 場合は、0 (ゼロ)を返します。

例1 mysql_errno() の例

<?php
$link 
mysql_connect("localhost""mysql_user""mysql_password");

if (!
mysql_select_db("nonexistentdb"$link)) {
    echo 
mysql_errno($link) . ": " mysql_error($link). "\n";
}

mysql_select_db("kossu"$link);
if (!
mysql_query("SELECT * FROM nonexistenttable"$link)) {
    echo 
mysql_errno($link) . ": " mysql_error($link) . "\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

1049: Unknown database 'nonexistentdb'
1146: Table 'kossu.nonexistenttable' doesn't exist

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「mysql_errno - 直近の MySQL 処理からエラーメッセージのエラー番号を返す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mysql_errno - 直近の MySQL 処理からエラーメッセージのエラー番号を返す」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: