PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

mssql_execute - MS SQL サーバーデータベースでストアドプロシージャを実行する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

mssql_execute

(PHP 4 >= 4.0.7, PHP 5, PECL odbtp >= 1.1.1)

mssql_executeMS SQL サーバーデータベースでストアドプロシージャを実行する

警告

この関数は PHP 7.0.0 で 削除 されました。

この関数の代替として、これらが使えます。

説明

mixed mssql_execute ( resource $stmt [, bool $skip_results = false ] )

MS SQL サーバーデータベースでストアドプロシージャを実行します。

パラメータ

stmt

mssql_init() で取得したステートメントハンドル.

skip_results

結果をスキップするかどうか。

例1 mssql_execute() の例

<?php
// 新しいステートメントを作成します
$stmt mssql_init('NewBlogEntry');

// データ文字列
$title 'Test of blogging system';
$content 'If you can read this, then the new system is compatible with MSSQL';

// 値をバインドします
mssql_bind($stmt'@author',    'Felipe Pena',  SQLVARCHAR,     false,  false,   60);
mssql_bind($stmt'@date',      '08/10/2008',   SQLVARCHAR,     false,  false,   20);
mssql_bind($stmt'@title',     $title,         SQLVARCHAR,     false,  false,   60);
mssql_bind($stmt'@content',   $content,       SQLTEXT);

// ステートメントを実行します
mssql_execute($stmt);

// そして、次のように開放します
mssql_free_statement($stmt);
?>

注意

注意:

ストアドプロシージャが返すパラメータや返り値は、ストアドプロシージャが 複数の結果セットを返す場合を除いて mssql_execute() のコール後に使用可能となります。複数の結果セットを返す場合は mssql_next_result() を使用して結果に移動します。 最後の結果セットが処理されてはじめてパラメータや返り値が使用可能と なります。

参考

  • mssql_bind() - ストアドプロシージャまたはリモートストアドプロシージャへパラメータを追加する
  • mssql_free_statement() - ステートメントのメモリを開放する
  • mssql_init() - ストアドプロシージャまたはリモートのストアドプロシージャを初期化する


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「mssql_execute - MS SQL サーバーデータベースでストアドプロシージャを実行する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | mssql_execute - MS SQL サーバーデータベースでストアドプロシージャを実行する」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: