PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

htmlentities - 適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

htmlentities

(PHP 4, PHP 5)

htmlentities適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する

説明

string htmlentities ( string $string [, int $flags = ENT_COMPAT | ENT_HTML401 [, string $encoding = ini_get("default_charset") [, bool $double_encode = true ]]] )

この関数はhtmlspecialchars()と同じですが、 HTML エンティティと等価な意味を有する文字をHTMLエンティティに変換します。

もしデコード (逆の処理) をしたい場合、 html_entity_decode() を使用することができます。

パラメータ

string

入力文字列。

flags

以下のフラグを組み合わせたビットマスクです。 クォートや無効な符号単位シーケンス、そして文書型の扱いを指定します。 デフォルトは ENT_COMPAT | ENT_HTML401 です。
利用可能な flags 定数
定数名 説明
ENT_COMPAT ダブルクオートは変換しますがシングルクオートは変換しません。
ENT_QUOTES シングルクオートとダブルクオートを共に変換します。
ENT_NOQUOTES シングルクオートとダブルクオートは共に変換されません。
ENT_IGNORE 無効な符号単位シーケンスを含む文字列を渡したときに、 空の文字列を返すのではなく無効な部分を切り捨てるようになります。 このフラグは使わないようにしましょう。 » セキュリティの問題が発生する可能性があります
ENT_SUBSTITUTE 無効な符号単位シーケンスを含む文字列を渡したときに、 空の文字列を返すのではなく Unicode の置換文字に置き換えます。 UTF-8 の場合は U+FFFD、それ以外の場合は &#FFFD; となります。
ENT_DISALLOWED 指定した文書型において無効な符号位置を、Unicode の代替文字である U+FFFD (UTF-8) あるいは &#FFFD; で置き換えます。 これを設定しなければ、無効な符号位置をそのまま残します。 これは、外部コンテンツを埋め込んだ XML 文書を整形式に保つために有用です。
ENT_HTML401 コードを HTML 4.01 として処理します。
ENT_XML1 コードを XML 1 として処理します。
ENT_XHTML コードを XHTML として処理します。
ENT_HTML5 コードを HTML 5 として処理します。

encoding

オプションの引数。文字を変換するときに使うエンコーディングを定義します。

省略した場の encoding のデフォルト値は、varies PHP のバージョンによって異なります。 PHP 5.6.0 以降では、デフォルト値として default_charset の値を使います。PHP 5.4 と PHP 5.5 のデフォルト値は、 UTF-8 で、それより前のバージョンの PHP のデフォルト値は ISO-8859-1 でした。

技術的にはこの引数を省略可能ですが、PHP 5.5 以前のバージョンを使っている場合や、 default_charset の指定が入力とは違う文字セットになっている場合は、 適切な値を指定しておくことを強く推奨します。

以下の文字セットをサポートします。
サポートする文字セット
文字セット エイリアス 説明
ISO-8859-1 ISO8859-1 西欧、Latin-1
ISO-8859-5 ISO8859-5 ほとんど使われないキリル文字セット (Latin/Cyrillic)。
ISO-8859-15 ISO8859-15 西欧、Latin-9 。Latin-1(ISO-8859-1) に欠けている ユーロ記号やフランス・フィンランドの文字を追加したもの。
UTF-8   ASCII 互換のマルチバイト 8 ビット Unicode 。
cp866 ibm866, 866 DOS 固有のキリル文字セット。
cp1251 Windows-1251, win-1251, 1251 Windows 固有のキリル文字セット。
cp1252 Windows-1252, 1252 西欧のための Windows 固有の文字セット。
KOI8-R koi8-ru, koi8r ロシア語。
BIG5 950 繁体字中国語。主に台湾で使用されます。
GB2312 936 簡体字中国語。国の標準文字セットです。
BIG5-HKSCS   Big5 に香港の拡張を含めたもの。繁体字中国語。
Shift_JIS SJIS, SJIS-win, cp932, 932 日本語。
EUC-JP EUCJP, eucJP-win 日本語。
MacRoman   Mac OS で使われる文字セット。
''   空文字列を指定すると、 スクリプトのエンコーディング (Zend multibyte)、 default_charset、 そして現在のロケール (nl_langinfo() および setlocale() を参照ください) の順でエンコーディングを検出します。 この方法はおすすめしません。

注意: これら以外の文字セットは理解できません。 かわりにデフォルトのエンコーディングを使用し、警告を発生させます。

double_encode

double_encode をオフにすると、PHP は既存の html エンティティをエンコードしません。 デフォルトでは、既存のエンティティも含めてすべてを変換します。

返り値

エンコードした文字列を返します。

入力文字列の中に、指定した encoding で無効な符号単位シーケンスが含まれる場合は、 ENT_IGNORE あるいは ENT_SUBSTITUTE フラグが設定されていない限りは空文字列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 encoding パラメータのデフォルト値が、 default_charset の設定値に変わりました。
5.4.0 encoding パラメータのデフォルトが UTF-8 に変わりました。
5.4.0 定数 ENT_SUBSTITUTEENT_DISALLOWEDENT_HTML401ENT_XML1ENT_XHTML および ENT_HTML5 が追加されました。
5.3.0 定数 ENT_IGNORE が追加されました。
5.2.3 double_encode パラメータが追加されました。

例1 htmlentities() の例

<?php
$str 
"A 'quote' is <b>bold</b>";

// 出力: A 'quote' is &lt;b&gt;bold&lt;/b&gt;
echo htmlentities($str);

// 出力: A &#039;quote&#039; is &lt;b&gt;bold&lt;/b&gt;
echo htmlentities($strENT_QUOTES);
?>

例2 ENT_IGNORE の使用例

<?php
$str 
"\x8F!!!";

// 出力: 空の文字列
echo htmlentities($strENT_QUOTES"UTF-8");

// 出力: "!!!"
echo htmlentities($strENT_QUOTES ENT_IGNORE"UTF-8");
?>

参考


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「htmlentities - 適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | htmlentities - 適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する」をGoogle検索
copyright © 1997-2017 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: