PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

fread - バイナリセーフなファイルの読み込み | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

fread

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

freadバイナリセーフなファイルの読み込み

説明

string fread ( resource $handle , int $length )

fread() は、handle が指すファイルポインタから最高 length バイト読み込みます。 以下のいずれかの条件を満たしたら、読み込みを終了します。

  • length バイトぶん読み込んだ
  • EOF (ファイルの終端) に達した
  • パケットが利用可能になるか、あるいは ソケットのタイムアウト が発生した (ネットワークストリームの場合)
  • バッファつきで読み込まれた、プレーンなファイルでないストリームの場合に、 一回の読み込みバイト数がチャンクサイズ (通常は 8192) に達した。 それまでにバッファされていたデータの内容によって、返されるデータのサイズはチャンクサイズより大きくなることがあります。

パラメータ

handle

fopen() を使用して作成したファイルシステムポインタリソース。

length

最大 length バイトまで読み込む。

返り値

読み込んだ文字列を返します。失敗した場合に FALSE を返します。

例1 シンプルな fread() の例

<?php
// ファイルの中身を読んで文字列に格納する
$filename "/usr/local/something.txt";
$handle fopen($filename"r");
$contents fread($handlefilesize($filename));
fclose($handle);
?>

例2 バイナリの fread() の例

警告

バイナリとテキストファイルの形式が異なるシステム(すなわち Windows)では、fopen()の mode パラメータに 'b' を指定してファイルをオープンする必要があります。

<?php
$filename 
"c:\\files\\somepic.gif";
$handle fopen($filename"rb");
$contents fread($handlefilesize($filename));
fclose($handle);
?>

例3 リモートファイルの fread() の例

警告

通常のローカルファイル以外のもの、例えば リモートファイルpopen()fsockopen() が返す ストリームを読み込んでいる場合には、 パケットが有効になった後に読み込みはストップします。 つまり以下の例のように分割されたデータを結合すべきであるということです。

<?php
// PHP 5 以降での例
$handle fopen("http://www.example.com/""rb");
$contents stream_get_contents($handle);
fclose($handle);
?>
<?php
$handle 
fopen("http://www.example.com/""rb");
if (
FALSE === $handle) {
    exit(
"Failed to open stream to URL");
}

$contents '';

while (!
feof($handle)) {
    
$contents .= fread($handle8192);
}
fclose($handle);
?>

注意

注意:

ファイルの中身を文字列に格納したいだけならば、file_get_contents() を使うほうが上記の例よりも効率的です。

注意:

fread() は、 ファイルポインタが現在指している位置から読み込みを開始することに注意しましょう。 ポインタの現在位置を調べるには ftell() を、 そしてポインタの位置を巻き戻すには rewind() を使用します。

参考

  • fwrite() - バイナリセーフなファイル書き込み処理
  • fopen() - ファイルまたは URL をオープンする
  • fsockopen() - インターネット接続もしくは Unix ドメインソケット接続をオープンする
  • popen() - プロセスへのファイルポインタをオープンする
  • fgets() - ファイルポインタから 1 行取得する
  • fgetss() - ファイルポインタから 1 行取り出し、HTML タグを取り除く
  • fscanf() - フォーマットに基づきファイルからの入力を処理する
  • file() - ファイル全体を読み込んで配列に格納する
  • fpassthru() - ファイルポインタ上に残っているすべてのデータを出力する
  • ftell() - ファイルの読み書き用ポインタの現在位置を返す
  • rewind() - ファイルポインタの位置を先頭に戻す


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「fread - バイナリセーフなファイルの読み込み」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | fread - バイナリセーフなファイルの読み込み」をGoogle検索
copyright © 1997-2017 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: