PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

error_get_last - 最後に発生したエラーを取得する | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

error_get_last

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7)

error_get_last最後に発生したエラーを取得する

説明

array error_get_last ( void )

最後に発生したエラーについての情報を取得します。

返り値

最後に発生したエラーについての情報を連想配列で返します。連想配列のキーは "type"、"message"、"file" および "line" となります。 PHP の内部関数で発生したエラーの場合は、 "message" の先頭に関数名が含まれています。 エラーが発生していない場合は NULL を返します。

例1 error_get_last() の例

<?php
echo $a;
print_r(error_get_last());
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [type] => 8
    [message] => Undefined variable: a
    [file] => C:\WWW\index.php
    [line] => 2
)


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「error_get_last - 最後に発生したエラーを取得する」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | error_get_last - 最後に発生したエラーを取得する」をGoogle検索
copyright © 1997-2019 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: