PHPマニュアル/PEARマニュアル | ユーザフォーラムで議論/質問 | マニュアル検索 | ハイライト | ハイライトオフ | ポータル | php spot

disk_free_space - ファイルシステムあるいはディスクパーティション上で利用可能な領域を返す | JavaScript入門&応用&リファレンスなら「JavaScriptist」

  

disk_free_space

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5, PHP 7)

disk_free_spaceファイルシステムあるいはディスクパーティション上で利用可能な領域を返す

説明

float disk_free_space ( string $directory )

ディレクトリを指定することにより、 この関数は対応するファイルシステムまたはディスクパーティションで 利用可能なバイト数を返します。

パラメータ

directory

ファイルシステムのディレクトリあるいはディスクパーティション。

注意:

ディレクトリのかわりにファイル名を指定したときの挙動は未定義です。 OS や PHP のバージョンによって結果は異なります。

返り値

利用可能なバイト数を float 型で返します。 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 disk_free_space() の例

<?php
// $df は「/」で利用可能なバイト数となります。
$df disk_free_space("/");

// Windows の場合:
$df_c disk_free_space("C:");
$df_d disk_free_space("D:");
?>

注意

注意: この関数では、 リモートファイル を 使用することはできません。これは、処理されるファイルがサーバーの ファイルシステムによりアクセスできる必要があるためです。

参考

  • disk_total_space() - ファイルシステムあるいはディスクパーティションの全体サイズを返す


忘却曲線を使ってこの関数を確実に記憶に残す

フォーラムで「disk_free_space - ファイルシステムあるいはディスクパーティション上で利用可能な領域を返す」について話す
各種マニュアル: PHPマニュアル | PEARマニュアル | Smarty(英語)マニュアル | PHP-GTKマニュアル | disk_free_space - ファイルシステムあるいはディスクパーティション上で利用可能な領域を返す」をGoogle検索
copyright © 1997-2020 PHP ドキュメント作成グループ(ライセンス). provided by php spot. マニュアル: